脱毛症の治療にホルモン注射

メインカラム上段

女性の脱毛症の治療にホルモン注射・・・不安いっぱい

女性で脱毛症に悩んでいる方が増えています。

 

脱毛症だと認識して皮膚科に通院しているBさんの悩みは女性特有の深い悩みです。

 

Bさんは生理が始まったときから脱毛が始まりました。皮膚科に通院して脱毛治療に当たっているのですが、皮膚科の治療に不安があるのです。

 

皮膚科に通ってもなかなか症状が改善しません。治療に効果が無いことも不安の一つですが、それ以上に治療法に不安がありました。

 

まだ20代前半のBさんはこれから結婚・出産をしようとしている年代です。長期間にわたってホルモン注射をする場合、妊娠・出産に影響は無いのかと不安になっています。

 

ホルモン注射を長期にわたって行っています。注射後には気分も悪くなりますし、髪が生えないホルモン注射をこのままずっと行ってよいものかどうか心配しています。

ホルモン注射の副作用が心配!

脱毛症の治療では、ホルモン不全など、ホルモンに関連したものが脱毛症の原因だと考えられる場合、ホルモン注射を投与される場合があります。

 

副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンなどの性ホルモンも治療に使われます。

 

ホルモン注射には当然ですが副作用もあります。心配になるのは当然です。治療法について医師ときちんと話し合うことが一番大切です。

 

もし通院している皮膚科の医師が信用できない場合は、病院を変えてみるのも一案です。

女性の脱毛症/ホルモン注射への不安関連エントリー

女性の脱毛症/ホルモン注射への不安
女性の脱毛症に皮膚科で治療してもらっていますが、ホルモン注射が不安で・・・